ガジェット 日々の暮らし

サブディスプレイ、ゲーム用におすすめのポータブルモニターEVICIV15.6インチをレビュー




今回紹介するアイテムはEVICIVというブランドのポータブルモニター15.6インチです。

充電機能などなく軽くてポータブルバッテリーなどがあればどこでも使えるモニターです。

ゲームをやるときにだけ使ったり、リモートワークで画面の作業スペース確保に使ったりなどなど。

15.6インチで、小さすぎずちょうどいいサイズのモニターを探している人におすすめできる商品です。

EVICIVのモニターの簡単な特徴がこちら。

特徴

  • フルハイビジョンのIPSパネル液晶。
  • Type-Cケーブルを使ってスイッチなどとケーブル1本で接続できる。
  • ポータブルモニターなので軽い!

それでは商品の概要から行ってみたいと思います。

EVICIVポータブルモニターの概要と付属品紹介

EVICIVというブランドから紹介

まずEVICIVというブランドの紹介から。聞き慣れないブランド名ですが、EVICIVは中国のブランドです。

ホームページにも案内がなかったので、商品の問い合わせのついでにサポートに聞いてみたら中国のブランドとの回答がありました。

でも友人の中国人に聞いてみたもみんな知らなかったです、、、。

ただ、このEVICIVのモニター、モニターの販売数ではamazonで1番売れてるブランドになります。

販売台数は200,000台とかなりの数。販売台数からも人気具合が伺えますね。

ブランドの紹介はここまでにして、ここからはモニターの概要をお届けします。

製品名EVICIVモバイルモニター15.6インチ画面
大きさ15.6インチフル HD(1920×1080)

重さ

約905g
パネルIPS液晶パネル
応答速度5ms
周波数(H / V)60HZ
価格

¥21,990(公式サイト)※記事執筆時点

EVICIVポータブルモニターの付属品は必要なケーブル3本つき!

商品はこんな感じでパッケージされてます。

付属品一覧はこちら。

  • 取り扱い説明書
  • アダプター
  • ケーブルが3本。
  • スタンドにもなる便利な簡易式のモニターカバー

ケーブルの内訳はType-C--Type-CHDMI--HDMIUSB--Type-C

付属のケーブルとアダプター、取り扱い説明書。
スタンドにもなるカバーは最初から付属。

EVICIVポータブルモニターのレビュー

ここからは使用感など、EVICIVのレビューをお届け。

軽いくて持ち運び簡単!重さは1リットルのペットボトルより軽い905g

本体重量わずか905g。1リットルのペットボトルより軽い。

厚さも11mmと薄くてかさばらない。ipadなどと比べると少し厚いぐらい。

15.6インチなので少し大きいので、バッグは大きさを選びます。

ただ、軽いのでバッグに入れての持ち運びは全然辛くない!

出先でもポータブルバッテリーからも給電できるので、キャンプへ行ってゲームや仕事をするときや出先での利用におすすめです!

Type-CとかHDMIなど数種類に対応してるケーブルジャックがあって便利!

インターフェースはType-Cのジャックが2箇所、HDMIが1つ、あとはイヤホンジャック。

反対側にはミニHDMIが1つ配置されてます。

Type-C to Type-Cケーブルで接続すると給電もモニター出力も1本でできるので何本もケーブルを使わなくて楽ちんです!

EVICIVポータブルモニターはペンがあれば縦置きにもできて、サブディスプレイとして縦に画面表示できる

モニターの右下にはペンを差し込む穴が空いているので、細めのペンを使えば縦置きにもできます。

こんな感じ。

これはけっこう便利でいいと思います。

結構先が細いペンを使わないと穴に入りませんが、スタンドを使わず縦置き。

個人的にはあまり縦置きしませんが、PCのサブディスプレイとして縦画面で情報を表示して使うときは役に立ちそうです。

でもこれぶつかると簡単に倒れるからあまり使う機会はないかな。

付属でついてくるモニターのカバーはそのままスタンドとしても利用可能!

最初から付属でついてくるモニターのカバーが結構優秀。

モニター下に滑り止めが付いているので、カバーの溝にはめることでスタンドとして利用可能!

カバーを利用してモニターを立たせるとこんな風になります。

画面はフルHD、リフレッシュレートは60HZ!応答速度も5msあってゲームプレイも問題ナシ

どうせ買うなら液晶は綺麗な写りのものがいいですが、フルHDなのでそこも問題なし!

パネルは視野角は上下178°、左右178°の広い範囲でも見やすいIPS液晶パネル。

僕はこれにニンテンドースイッチを接続してAPEXをやってますが、写りはこんな感じです。

FPSゲームで重要なリフレッシュレートもスイッチのAPEXをやるには十分!

スイッチの出力も最大1920×1080ピクセル60fpsなので、APEXなどを遊んでも全然違和感なく遊ぶことができます。

背面のネジ穴はVESA規格(ベサ)対応だから取り付けるモニターアーム選びに困らない

ディスプレイ背面の取り付け用ネジ穴が国際標準規格のVESAに対応してます。

ポータブルではなくて小さめのサブディスプレイとして使うときも、モニターアーム選びに困りません!

Amazonでもベサ規格のアームはかなりの種類があるので、選び放題。

EVICIVポータブルモニターのちょっと不安なところ2つ

いいところも多いEVICIVのモニターですが買う前に個人的に思った不安なところなども紹介したいと思います。

1.値段が安いからすぐ壊れてしまうか心配

やっぱり、安かろう悪かろうじゃないのかなと心配になりました。

値段も日本製のモニターが大体2万円以上するのに対して、EVICIVのモニターは安い時で2万円以下。

ただ今のところ使ってて不具合はないですし、amazonのレビューを見てもすぐ壊れてしまったというようなレビューはそこまで多くない印象です。

ただ、やっぱりレビューの多くは値段のわりに使えるのでコスパがいいと感じてる人が多め。

2.公式のホームページとか情報が少ないし、日本語が少しへん

ブランドの公式ホームページがなんかチープ。

会社情報なども内容があまりないのと、日本語がところどころおかしいので少し不安を覚える感じです。

ただし、返品などの日本語サポートはしっかりありそう。

サポートへの問い合わせは日本語でできるのと、返信も早く返ってきたので対応は良かったです。

まだ不具合など製品に出ていないので印象が悪いところはここまで。

EVICIVポータブルモニターまとめ

今回紹介した商品はEVICIVのポータブルモニター15.6インチ。

EVICIVのモニターはこんな人におすすめです

EVICIVのポータブルモニターを紹介しましたが、このモニターはこんな人にはおすすめできます。

  • 値段はリーズナブルでそれなりの画質のモニターを探してる。
  • APEXなどスイッチをやるときだけ使うゲーム用のモニターが欲しい。
  • リモートワークが増えたからサブディスプレイが欲しい。
  • 軽くて持ち運びやすい小さいモニターが欲しい。

モニター選びでこのどれかに当てはまるならEVICIVのモニターはアリだと思います!

最後までご覧いただきありがとうございました。







  • この記事を書いた人
  • 最新記事

-ガジェット, 日々の暮らし