暮らしのはなし

値段は高いけどスラスラ書ける!Apple Pencilを選んだわけ。

投稿日:




iPadをよく使ってるのですがメモをとったり、ブログで使う絵を書いたりとiPadをもっとフル活用したい!

そう思ってApple Pencilを購入したので簡単ですがレビューをしたいと思います。

[aside type="normal"]

残念ながらApple PencilはiPad Pro以外のiPadには対応していないので購入する際は注意してください。

[/aside]

付属品

  1.  Lightningアダプタ

  2. 予備の先端

が一緒に入っています。

使う前にはiPadとペアリング。Apple PencilとiPadのペアリングはApple PencilのLightningコネクタを接続するだけで完了します。

とにかくスラスラした正確な書き味

Apple Pencileの書き味は本当にすごいです。スラスラと自然に画面に線が表示されます!画面に書いているのでコツコツとした感じで感触は紙に書くような感じはしませんが、画面に遅れがなく自分の書いた線が表示されるので書く際のストレスがありません。

内蔵している傾斜センサーのおかげでペンの傾きにもしっかりと反応して傾けて描いた時に濃淡を表現することもできる。

充電時間とバッテリー

Apple PencilはBluetoothでiPadと接続されているので使うたびにバッテリーを消耗します。ただこのApple Pencilバッテリーを充電していなくても

15秒の充電で30分間使用できます!

連続駆動時間はバッテリーが100%の状態で12時間作業可能。充電はApple Pencilのマグネット式キャップを外して、LightningコネクタをiPad Proに差し込んで完了です。

デメリット

いいところばかりのApple Pencilですがデメリットも紹介したいと思います。

クオリティが非常に高いのでデメリットになるのかわかりませんが、¥10,800 (税別)という価格です。もうちょっと安かったら嬉しいですよね。

価格で躊躇する方もいるかもしれませんが、安くて悪いものを買ってしまってまた新しいものに買い変えるのであれば最初からApple Pencilを買うことをおすすめします。

価格以外ではLIghtningコネクタを隠すマグネット式のキャップがなくしやすいことです。小さい部品で充電してる時にコロコロと転がっていってしまいます。マグネットでくっついてるだけなので持ち運びの際は失くさないように注意が必要です。

紛失の心配があるのでどうしても心配な場合

こんな感じでキャップとペンを連結できるアクセサリーを購入して紛失を防止するのがいいかも。

最後まで読んでいただきありがとうございます!!

 







-暮らしのはなし

Copyright© キマトリ , 2020 All Rights Reserved.