カメラ

旅先で動画撮影。旅行カメラとして秀逸、オズモポケットはこんなカメラ。

投稿日:




せっかく旅行にいくから動画をとって旅の思い出を残したい。

旅動画を撮ってYouTubeで公開したい。などなどそんな時に必要なのが動画が撮れるカメラ。

動画が撮れるカメラはビデオカメラや一眼レフ、コンパクトデジタルカメラなどたくさんありますがその中でも動画撮影ができて旅行用として優秀なオズモポケット。

この記事ではそのオズモポケットを紹介したいと思います。

旅先で動画撮影。旅行カメラとして秀逸、オズモポケットはこんなカメラ。

まずオズモポケットを知らない人もいると思うので。

オズモポケットってなに?

オズモポケットはDJI史上最小の3軸スタビライザーを搭載した4K動画も撮影できる高性能のカメラです。カメラ本体とジンバルというカメラ本体がブレないようにする回転台が一体になっています。

そのオズモポケットがこちら。公式サイトをみたい方はこちら

最近ではTOYOTAのCMで香川さんが使っていますよね。

旅行用として秀逸!オズモポケットはこんなカメラ。

ここからは旅行用としてとても優秀なオズモポケットの特徴を紹介したいと思います。

とにかく軽くてコンパクト!

軽いは正義。

ボディが小さいのでとにかく軽いです。

旅行に行く時に大きく重たいカメラだと持っているだけで疲れてしまい、カバンから出すのも面倒になったりしますがこのカメラならとても軽いのでそういったことも心配なしです。

そして非常にコンパクト。

大きさは収納ケースに入れた状態でiPhone8と同じぐらいの長さ。

簡単にポケットに収納できる大きさです。ポケットに入れて必要な時にサッと出して撮影ができてしまいます。

旅行に行く時大きいカメラは荷物になってしまい邪魔になってしまうことがありますが、このカメラなら収納するスペースもあまり多く必要としないのでちょっとしたスペースに入れて持ち運ぶことができてしまいます。

小さい反面ちょっとグリップの画面が見辛い面もありますが。

初心者でも簡単に手ぶれが少ない動画を撮影できる。

初心者が動画撮影をする上で難しいのが手ぶれをさせずに動画を撮影すること。ただオズモポケットは手ブレを補正するジンバルつきなので初心者でも簡単にしっかりとした動画を撮ることが可能です。

さらにアクティブトラックといったカメラにあらかじめある機能を使えば勝手に被写体を自動でフォローしてくれます。自分で被写体を追って撮影する必要がありません。

セルフィーモードでは勝手に自分の顔を画面の中央に映してくれるので自撮りでの失敗もありません。

ジンバル付きだから面倒な組み立てなし。

オズモポケットはカメラ本体とグリップが一緒になった作りをしてますので手持ちのグリップをつけたりなど面倒な組み立てなし。

GoProなどはカメラとグリップが別々になっていますのでグリップの取り付け・取り外しをするたびにマウントのネジをいじらないといけないですが、オズモポケットならそれもありません。

部品を無くして旅先で『グリップがつけられない』とか悲惨な状況にもならないので安心です。

いいところもあるけど、ちょっとしたデメリットも。

ここまでオズモポケットのいいところを紹介してきましたが実際に使ってみて小さい反面多少のデメリットもありますので紹介したいと思います。

まず、液晶が小さいのとちょっと持ちにくい

ボディサイズを見ればわかりますが、液晶は小さいです。

コンパクトな設計なのでしょうがないですがグリップについてる液晶が小さいのでちょっとみえずらい時があります。

ただスマホを接続して確認することもできるのでそこまで大きな問題でもないですが。スマホを接続するとコンパクトさが犠牲になってしまうのでなんとも、、、。

あとボディが小さいので手のひらが大きい男性が利用する時はちょっと持ち辛さを感じるかもしれません。

ちょっと画角が狭いと感じることも

簡単に動画撮影できるオズモポケットですが、室内や建物などを撮っているときにもうちょっと画角があったらいいのになと感じることがあります。GoProと比べてみると少し画角はせまめです。

ただこれもアクセサリーで広角にするアイテムなどもありますのでそういったアイテムを活用すれば解決はできます。

GoProとオズモポケットの違いは人気YouTuberのカズさんがGoProとの比較動画を出されてますのでこれをみてもらえるとわかると思います。

バッテリー交換できない

オズモポケットはバッテリー式交換ができない。予備バッテリーを準備してバッテリー交換はできないので、バッテリーがなくなったらバッテリー交換してすぐ撮影とかができないです。

ただしモバイルバッテリーから給電ができるのでモバイルバッテリーがあればどこでも充電はできます。

長時間の撮影の時は移動や撮影の合間にモバイルバッテリーでこまめに充電してバッテリー切れを防ぐ感じになります。

別売りにはなりますが専用の充電ケースがオススメです。これならマイクロSDカードやスマホに接続するアダプターなど一緒に携帯することができます。

見た目もかっこいい!

とここまでオズモポケットのいいところとデメリットを紹介しました。

ちょっとでも旅行で使いたいなと思った方は是非購入を検討してみてください。

今回紹介した商品はこちら↓↓↓

購入するのはちょっとという方はレンタルを検討してみてはいかがでしょうか。

[格安レンタル]DJI OSMO POCKET(オズモポケット) スタビライザー搭載

動画撮影用カメラ関連記事

no image
手ブレなんてもう心配ない!誰でも上手に撮れるGoPro7は本当に優秀!

アクションカメラが欲しくてGoPro6を検討していたときに偶然新作のGoProが販売されることに。最初はアクションカメラなんかいるかなー、やっぱり我慢しようかと思ったけど結局物欲に耐えきれずポチってし ...

続きを見る

最後まで読んでいただきありがとうございました。







-カメラ

Copyright© キマトリ , 2020 All Rights Reserved.