カメラ

SONYのa7IIIと一緒に揃えたいコスパ最強標準ズームレンズはコレ!!

投稿日:2019年5月5日 更新日:




SONYのミラーレスカメラa7IIIでフルサイズデビュー。

念願の新しいフルサイズカメラa7IIIを手に入れましたが、引き換えに今まで使っていたレンズは使えなくなってしまったのでレンズは新たに買い直すことに。

残念ながら僕の予算的に使えるお金もそんなになく最初の費用は少し抑えたい、それでいて使い勝手のいいレンズを候補にレンズを探すことに。

ソニーのEマウント対応レンズでいいレンズはたくさんありましたが、やっぱりいいレンズはどれもお高いのでちょっと手が届かない。

そして色々選んだ結果たどりついたのがTAMRONの28-75mm F/2.8 Di III RXD(Model A036)

こちらのレンズです。

こちらはタムロンがミラーレスカメラ専用に新設計したレンズ。

結局自分の予算の関係で選択肢としてはこちらのレンズ1択でしたが、これがとてもいいレンズでした!

ということでこの記事ではTAMRONの28-75mm F/2.8 Di III RXD(Model A036)を紹介しています。

TAMRONの28-75mm F/2.8 Di III RXD(Model A036)

まず最初にレンズに決めた理由ですが、それはこのレンズのスペックと価格そしてこのコンパクトで軽いところです。

とにかくこのレンズ、明るくて軽くて低価格のレンズとなっています。

では、簡単にレンズの仕様から紹介します。

焦点距離28-75mm
明るさF/2.8
レンズ構成12群15枚
最短撮影距離0.19m (WIDE) / 0.39m (TELE)
最大撮影倍率1:2.9 (WIDE) / 1:4 (TELE)
フィルター径Φ67mm
最大径Φ73mm
長さ*117.8mm
質量550g
絞り羽根9枚(円形絞り)**
最小絞りF/22

こちらのレンズの明るさですが、F/2.8と暗いところでも大活躍な明るいレンズとなっています。

そして重量が550gととても軽い。実際に持ってみるとわかりますがレンズ周りが細くてスリム。スリムなおかげで重量も軽くなっています。

スリムでコンパクトな設計になっていますのでミラーレスのa7IIIの軽くて小さいボディと相性バッチリ。

ボディにつけてもそこまで重くならないので持ち運びも苦ではありません。

レンズの性能ですがこのレンズ最短撮影距離も19cmとなっています。なので料理や近づいてお花などをとることもできますよ。

オートフォーカスも不満に感じるほど遅くなく動いてくれます。ただそこはソニー純正のレンズよりは若干遅いかな。

そしてそして肝心の気になる価格ですが、価格コムの最安価格(税込)が¥86,110。

下のSONY FE24-105mmのレンズが大体13万円ですのでソニーのレンズと比べるととても安い!その差は圧倒的です。

もしコストの面で費用を抑えたいならSONYのレンズにも負けないぐらいこちらのレンズもいい描写をしてくれます。

ぜひ初期費用を抑えてa7IIIを使うなら最初の1本としてこちらのレンズおすすめです!!

記事が重くなる関係であまり画像を使って紹介できなかったので気になる方、もっと専門的な意見が聞きたい方はヨドバシカメラの公式オンラインマガジンもチェックしてみてください!

こちらのサイトでは実際にされている写真もみることができますよ。

最後まで読んでいただきありがとうございました。







-カメラ

Copyright© キマトリ , 2020 All Rights Reserved.